のんびり屋の毎日


天然酵母パンと私の毎日
by miyukitani
プロフィールを見る
画像一覧

バターロールと恐怖のライ麦バトン

アレルギー対応バターロール

・・・ウソです。
ただ卵を入れるのがもったいないかな~、面倒くさいかな~って思っただけ。
今日は貧乏バターロールなのです。
臼かおり 酒種
a0309391_22582892.jpg


ライ麦バトン
臼かおり+ライ麦粉 miyukiサワー種

毎日食べても飽きないほど 大ヒットのこのバトン、
家族にも、旦那さんの職場の方からも 大絶賛。
それの何が恐怖なのかって・・・

お昼に食べたんです。
今日のフィリングはレーズン、ドライのシナモンアップル、8つ割アーモンド。
シナモンの香りとドライアップルのねっちりチューイーな感じがとっても美味しい。
そしていつもよりも固かったんです。
ゴリって音がして、何か違和感。
なんと、奥の歯が欠けてしまったんです~(>_<)

あいにく、定期健診に行っている歯医者はシステムの変更で4月まで休み。
子供たちを連れて行っている歯医者も木曜日が休み。
こんな歯じゃ、ご飯食べても美味しくない。
参りました。。。
私を苦しめたパンはこれ↓
a0309391_23114946.jpg

だけど、憎んでも憎みきれないほど大好きなの。
[PR]
by miyukitani | 2014-02-27 23:15 | パン

ついに私も・・・

酒種クグロフ

クグロフを作らせていただきました。
今までやったことのない焼き方、ついついレシピを眺めるだけになっていましたが
寒い時期の方が どっしりしたお菓子パン美味しいんですよね~。

きちんと用意してばっちり!のはずが
型に生地を入れる前にアーモンドを入れ忘れ、
後で入れればごまかせるかしら・・・と思っていたら
後も入れ忘れました(>_<)
絶対にリベンジします。

operaという高級なチョコレートを用意する代わりに、
カレドショコラのバニラビーンズ入りのホワイトチョコを。
チョコがミルキーで香りも甘いので
3か月かけてしっかり漬けたラムフルーツをたっぷり入れて バランスをとりました。
a0309391_15242726.jpg

超~下戸の私はこのラムフルーツが馴染んでからでないと食べられないので
もうしばらくお預け。
でも我慢できない~!!!

そしてこれが、かの有名なホンモノ↓↓↓
やっぱり別物だわ。
素晴らしい~。
a0309391_15281399.jpg


残り物フィナンシェ

クグロフのあまりの卵白で、フィナンシェも作りました。
金塊の形のこのお菓子は、金融家たちのために作られたお菓子とか。
だからフィナンシェ(笑)。
敢えて卵白だけ使うのが贅沢なんでしょうか?
卵黄のコクを補うためか、焦がしバターを入れます
a0309391_1541306.jpg

焦がしバターのふくよかな香りともっちり食感が美味しい!
とっても簡単にできますし、この金の延べ棒の形でなくても可愛いので
ご要望があれば、レシピ載せますね。
[PR]
by miyukitani | 2014-02-27 15:45 | スイーツ

食パンとお気に入りライ麦バトン

シンプル食パン
ゆめちから100 酒種

初めてゆめちから100のみで食パンを作りました。
持つと潰れてしまいそうなほど ふわんふわん。
クラムはしっとり~。
フランス食パンとほとんど配合が同じなのに
使う粉の割合で食感が全然違います。
本当に不思議。
a0309391_1665442.jpg
a0309391_1671679.jpg


ドライフルーツとクルミのバトン
臼かおり+ライ麦粉 miyukiサワー種

ねじねじ&ドライフルーツのライ麦パンがとっても美味しかったので
またまた作りました。
今日はレーズン、クランベリー、ブルーベリー、胡桃。
はまります~。
a0309391_16102572.jpg


miyukiサワー種が思った以上に元気で
2日に1度じゃ足りないくらい、「もっと焼いて~」と待っています。
可愛いくて可愛くて。

酒種のパンと特徴が全然違うので、
どちらも用途に合わせて楽しんで使ってます。
サワー種を作り始めた時は酒種と喧嘩しているように見えましたが、
最近はとても仲良しになったみたいです。
[PR]
by miyukitani | 2014-02-24 16:20 | パン

またまた実験パン

今日の実験は、湯種法の食パン。
以前そんなパンのレシピ本を買って、しまったままになっていましたが
リカさんに教えた方法で、私も焼いてみることに。

メルベイユ+ゆめちから100 酒種

焼きあがりの色、やっぱり違います。
いつもと同じ温度設定でも、しっかりこんがりきつね色。
リカさんはあまり発酵の進みが良くなかったと言っていましたが
私はゆめちからを使ったからか、
発酵も普段通りで、思っていたより窯伸びもしました。

包丁がなかなか入らないくらいにもっちり~。
これが湯種なんでしょうね。
凄く面白い~!!
a0309391_23532234.jpg


次はライ麦パン。
ゆめちから+ライ麦粉 miyukiサワー種

先日ライ30%のパンを焼きましたが、今回は50%にしてみました。
面白いほど発酵が早くて、この時期でも朝仕込んで夕方には焼けてしまいます。
酵母によって活発な季節とそうでない季節があるみたいなので
使い分けすると良さそうです。

前回はずんぐり成形になってしまったので、今回はスリムに。
二次発酵が甘かったようで、底割れしました~。
a0309391_23592553.jpg


そして最後は、オシャレあんぱん(特大)。
臼かおり 酒種

18センチのデコ型で、普通のオシャレあんぱん8コ分を焼きました。
つぶあん、アーモンドクリーム、黒豆。
焼いてみて分かったこと・・・
大きい方が目を引くけど、小さい方が食べやすいです(笑)。
a0309391_063790.jpg

[PR]
by miyukitani | 2014-02-23 00:12 | パン

実験パン

以前から、粉と水だけで発酵させるパンが気になっていました。
元々のパンの起源、ちゃんと作ってみたいと。。。
粉と水を混ぜただけだと、ただドロッとした粘度のある液体なのに
そこに酵母が住みつくと、発酵が始まり、焼くとパンになる。
酵母の神秘を感じるのです。

おととしの春ー
はやし ひろこさんの本を見ながら一生懸命種起こしをして
なんとかパン様なものを焼けるまでにはなりましたが、
今思うと、酵母不足。
たぶんしっかり酵母が住みついていない種で
一生懸命パンを作ろうとしていました。
だから、美味しいような美味しくないような、パンのようなパンでないような・・・。

そのことを踏まえて、酵母がうじゃうじゃいるであろう今、
そんな種でパンを焼きたいと また思い始めた先日
リカさんにやったことがあるかと聞いたところ
面白そうだからやってみようよ、という嬉しい答えが。

リカさんと一緒に、それぞれ違う粉を使って実験開始。
一大プロジェクトを始めたようなワクワク感がありました。
でも今まで作っていた酵母と感じが全然違うので
種として使えるのかどうかも良く分からない状態。
半ば、諦めて・・・というか、少し面倒になったりして。

でもやっぱりもったいないし、少し焼いてチェックしてみることに。
すると思っていたよりもよく発酵して、ちゃんとパンになりました。

臼かおり+ライ麦 ライ麦サワー種使用
ライの酸味がどうかな~と思って、
初めて焼くパンはレーズン、カレンズ、ミックスナッツをどっさり。
ねじねじ成形でパンというより食べ応えのあるおやつな感じ。
とっても香ばしくて、これは私好みー。
a0309391_22513295.jpg


そして昨夜のEテレを参考に、
ドイツパン専門店のシェフのレシピにて、ライ麦30%のパン。
ゆめちから100+ライ麦 ライ麦サワー種使用

テレビでの紹介はライ麦とヨーグルトを使ったクイック種でしたが
折角ですからmiyukiサワー種を使って作ってみました。

私の持つドイツパンのイメージは
ギュッと詰まってもっちり、噛みごたえがあって酸っぱい。
なかなか食べやすいパンを期待することはできなかったけど
作ってみてびっくり。
さすが寒い場所でとれる麦なだけに、この寒さの中でも発酵が早い。
そして・・・信じられないことに
クラストをギュッと押しても戻ってしまうくらいの弾力があるのに
しっとりふわふわ。
酸味と言うより旨みを感じて、
これ・・・凄く美味しいんじゃないの?と家族の意見が一致。
a0309391_2320816.jpg


普通の強力粉と酵母液で作った中種を使って焼いたパンは
湿っているというか詰まっているというか
なんかどこかで生っぽい風味がするような気がしていたけど
グルテンができないライ麦を種にすることで
粘り気がない分、柔らかくふわっと発酵してくれたんじゃないかと考えました。

やっぱり酵母を見方につけると美味しいパンが焼けるんだと
改めて実感できた実験でした。
[PR]
by miyukitani | 2014-02-20 21:02 | パン

バレンタイン再び

先週土曜日の発表会の振り替えで
(あの暴風雨の中子供たちを登園させるなんて、なんて幼稚園!)
月曜日がお休みになりました。

何をして遊ぼうかと考えていると、
「ねぇ、チョコ作りたい!いいでしょ?」
「いいでちょ?!」
2人とも意見が一致したので、
もう終わっちゃったけど バレンタインのチョコレート作りをすることに。

でも忘れちゃいけない方程式が・・・。
待てない+すぐ飽きる+へたくそ=面倒くさい
材料が少なくて簡単にできるように、今日はクッキーのチョコボール。
クッキーを細かく砕いて、
ローストした胡桃と一緒に 溶かしたチョコレートの中へ。
ラップに落としてあげると、子供たちが一生懸命丸めます。
意外と下の子が器用に作るので驚いてしまいました。

丸めたチョコを一つづつ数えたくらいから集中力が著しく低下。
仕上げはバトンタッチしました。
a0309391_1734185.jpg
a0309391_17341955.jpg


2人とも一生懸命頑張ったもんね。
きっとみんな喜んでくれるはず。
[PR]
by miyukitani | 2014-02-19 17:37 | スイーツ

バレンタイン

ちょうど旦那さんのお休みと重なったので
ちょっと気合いを入れてチョコレートチーズケーキを作りました。

チーズケーキ大好きだし、絶対に気に入ってくれるはず。
ボトムは全粒粉のクッキーとナッツをキャラメリゼして
トップには自家製オレンジピールとドライクランベリー、
そして自家製トリュフをトッピング。

なのにね、胃酸が出過ぎて調子悪いんだって。
ご飯も食べたくないんだって。
「休みだから気合い入れて作ったのに!」って言ったら、
全然ごめんねが伝わらない「ごめんね」を言われました。

子供と一緒に全部食べちゃうから!
a0309391_23384216.jpg
a0309391_23392687.jpg


やっとおなかがすいてきたと言い始めた夕方・・・仕方がないので、
消化が良くてあたたまる 人参と玉ねぎのポタージュを作ってあげました。
私ってやさしい。
a0309391_23514526.jpg

[PR]
by miyukitani | 2014-02-15 23:43 | スイーツ

バターロールと合格食パン

テレビでバターロールの作り方を見て以来
ずーーーーーっと頭の片隅に居座っていたので
合格を機に、今度はバターロール。

臼かおり+ロースト胚芽 酒種

こちら初日。
テレビを見て一週間ほど経っていたかな。
成形の仕方をすっかり忘れて、自己流。
もっとコロンとしたパンになる予定でしたが・・・。
a0309391_2349491.jpg


そして翌日。
もう一度録画したものを確認してから成形しました。
全然違かった~!!
最初から、ちゃんと見てからやるべきでした。
コロンとした感じがでましたよ♪
yooochannさんのように並べてみました。
a0309391_23535183.jpg

もう少しくっきり巻きがでるとカッコいいな。
焼きながらリカネギ作っていたので耐えきれず、
深夜にも関わらずリカネギと一緒にかじってしまいました。。。
うんま~!


メルベイユ+ゆめちからB 酒種

合格をもらったフランス食パン、
でも私の中で煮え切らないというか、納得いかないところがありました。
目指していたのはリカさんの軽い食パン。
私のは少し重たい食パン。

リカさんにチェックしてもらいたくて送らせていただきましたが
送って正解!
なんと型の大きさが違いました。
2人とも一斤の型を使っていますが、私のは小さいとの指摘。
言われなければ絶対に気が付かなかった・・・。

少し2次発酵しすぎちゃったかな~と思うくらいがちょうどよかったようで
今日の食パンは憧れのパンに近い!
a0309391_08768.jpg

前日に焼いたものとキメが全然違います。
左が前日、右が今日。
a0309391_093711.jpg

本当にいろいろ勉強させていただいております。
感謝、感謝。
[PR]
by miyukitani | 2014-02-15 00:12 | パン

2月11日の過ごし方

2月11日、建国記念日
実は私たち夫婦の結婚記念日です。

いえいえ、そういうことではなく・・・
記念日に毎年休み取られたら面倒臭いけど
祝日なので、飲食業の旦那さんは絶対に出勤。
だから毎年この日に、母とチョコレート作りをするのです。

学生の頃からなので、もうかれこれ10年以上。
バレンタインには絶対にトリュフ、なのです。

ラム酒がたっぷりの生チョコを、パリッとしたチョコでコーティング。
仕上げにココア。
とってもシンプルだけど、結構~難しい。
2人でやるからできる作業です。

初めは生クリームを温めてチョコレートを溶かす作業さえ苦戦して、
生チョコを丸めるタイミングも、コーティングしたチョコをどう乾かすかも、
本当にいろいろ試行錯誤して、毎年違うやり方を考えて、
やっと5年ほど前からちゃんと作れるようになりました。

誰にあげても喜ばれる、年に一度のお楽しみ。
a0309391_2304466.jpg

[PR]
by miyukitani | 2014-02-11 23:03 | スイーツ

フランス食パン 仮免合格?

オーベルジュ+ゆめちからB 酒種

衝撃のフランス食パンを食べて以来、
悪戦苦闘しながらほぼ毎日のようにフランス食パンを焼いてきました。
アドバイスを受けながら、自分でも日々成長しているのが分かって
とても楽しい修行でした。

毎日焼いていても、美味しくて食べたいと思えるパンを作れるようになり
焼きあがれば試食だし、ランチに食べ始めると「あともう一枚食べちゃおうかな」
そんな生活が2週間ほど続いたので、
私の体にもしっかりとフランス食パンの貯えができました。

そしてついに、前回のブログを見てくれた師匠から
「そろそろ合格なんじゃない?」というお言葉をもらいました。
合格でいいのかな~、ちょっと不安だけど
でも初めて焼いた時の写真を見ると、全く別物。
成長しました~!
a0309391_23582356.jpg

[PR]
by miyukitani | 2014-02-11 00:00 | パン

お気に入りブログ

DD*

最新のトラックバック

画像一覧

ブログジャンル

料理・レシピ
パン

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ありがとうございました
at 2014-12-30 22:40
セントルプルマンと県民の日
at 2014-11-21 00:03
ごはんカンパーニュ。
at 2014-11-15 00:10
秋のかぼちゃ祭り
at 2014-11-12 23:24
久しぶりの墨田水族館とのんび..
at 2014-11-02 12:12

ファン

メモ帳